平松悟メソッド教則3枚組CD完成しました

お知らせ
購入フォーム
マンツーマンレッスンを始めて10数年経ちました。中にはキラキラボシから初めたお方が、プロとして、ステージで活躍されるようになった方もいらっしゃいます。

アマチュアプレーヤーでも名人級の方も沢山いらっしゃいます。

上達された方はもちろん練習量が多いのもそうなのですが、

●基礎をつける練習をされている

●効率よく覚えるにはどうすればいいか

という事がはっきりわかっていらっしゃる方だと思います。

そういう方の質問は鋭く、僕もびっくりすることがあります。

平松悟マンツーマンレッスン

では、基本的に生徒さんがやりたい曲を選んで、その曲をどうやって綺麗に演奏するか、と突き詰めて行くのですが、
場合により、その方のレベルに見あったオリジナルブルースを作ってあげたり
基礎をつけてもらうため工夫をしています。

その中で、このように伝えたらこんなに上達した!と感じたフレーズを沢山集め、3枚組のCDにしました。
(注意!6月始めに2枚組CDを作成したと発表しましたが、それと内容はほぼ同じです。ギュウギュウ詰めにすると再生エラーがおこりやすいので、それの対策です。)

20130622-073156.jpg

20130622-073207.jpg
↑是非拡大して項目を見て見てくださいね。

1枚目は「ベンドを使わないでこんなエクササイズ」
と題しているのですが、実は、ベンドマスターになる1歩手前の基礎を固めるための物です。
聞いているだけで、今の自分に何が足りないのか、わかる仕掛けになっています。

ベンドが綺麗にできる方でもちょっと音源に合わせて演奏して見てください。そして、自分のプレイ録音を聞いて見てください。

何か違うな?と思うところが2.3あるはずです。
そこが弱点なのかもしれませんね。

2枚目、3枚目は
ベンドを使わず、セカンドポジションブルースや
サードポジションブルースまで言及しています。
練習カラオケも入ってますのでアドリブの練習にもなりますね。
すべてCのハーモニカを使用しています。

とにかくベンドマスターになろう!という各種エクササイズが詰まってます。

おまけにトリルやスロートビブラート、7.8.9.10番の吹くベンドなどをしっかりできるように、かなり「鬼のような」エクササイズが入っています。

一部Aのハーモニカは使いますが、ほとんどCのハーモニカを利用しています。

アトスインターナショナルからでた
教則DVD「ブルースハープの嗜み」を
持っていらっしゃる方も多いと思いますので、わざとそれと被らないように作成しました。
このCDを聞いてからDVDを観ると新たな発見があり、それからまたCDを聞くとまた、新たな発見があるようなそんな仕様になってます^_^

さらに、
ブルースハープ嗜みを既にお持ちの方は2500円とさせていただきます。

お持ちでない方はこの機会に嗜みDVDいかがですか?(^^)さらに300円割引と、サインもおつけします。

ご希望の方は

購入フォーム
作りました。こちらからご注文ください。

見上げてご覧夜空の星を





見上げてごらん夜の星ををやってみました


見上げてごらん夜の星を



キーはGです。



Cのハーモニカでやる場合、セカンドポジション。後半にベンドを多用して対応出来る様に

低いポジションからはじめます。1番の吸いレからやってみましょう。

平松悟のハーモニカ音源 見上げてごらん夜の星を.mp3



キーはGです。


見上げてごらん夜の星を  坂本九

YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=-VUeSVjN1cM

(オクターブの色分けはもうちょっと待ってくださいね)

レー
シーーシシーーシドレーーーーーー
ドシドーーードーードドーーーーー ミレ
ドーードラーシ♭シーーーーーーミレ
ラーーシドドーレシーーーーソソファ#
ミーーーミーシドレーーレドーーー
シーーシラーーラソーーーーー レー
シーーシシーーシドレーーーーーー
ドシドーーードーードドーーーーー ミレ
ドーードラーシ♭シーーーーーーミレ
ラーーシドドーレシーーーーソソファ#
ミーーーミーシドレーーレドーーー
シーーシラーーラソーーーーー 

ここからDに転調しますが、ハーモニカはそのまま。
ファ#ファ#シレ♭レーーーレ♭レ♭シ♭ーーー(吹)
ファ#ファ#シレ♭レーーーレ♭レ♭シ♭ーーー(吹)
ファ#ファ#シレ♭レーーー(吹)レ♭レ♭レ♭レミレレ♭シラーーー(吹)ラーーーレーーーーー(吹)

またAメロに戻ります。

シーーシシーーシドレーーーーーー
ドシドーーードーードドーーーーー ミレ
ドーードラーシ♭シーーーーーーミレ
ラーーシドドーレシーーーーソソファ#
ミーーーミーシドレーーレドーーー
シーーシラーーラソーーーーー 

Dに転調。Dメジャースケールは レミファ#ソラシド#レなんですけど、低いオクターブを使えばベンドでうまく対応できるキーなので、
頑張ってやってみてください。

フェイスブックに下記のようなやり取りがありました。

ーーー
少女a
Bメロ吸いばっかりやん!ゼイゼイ…


よく気づきましたね。
吸って吸って吸いまくるサードポジションです。

少女a
どこで吹くの?
ーーーー
と言うことなので、上記Bメロ、吹く所に(吹)と書きました。

おまけ。
空を飛びながらこの曲をやりました。

グーグル検索で「タンデムグライダー」で検索するとトップに出てきます(^.^)

TAKE5

大サービスtake5の譜面、やり方

TAKE5 について

TAKE FIVE というジャズスタンダートの曲。5拍子という特殊な曲ではありますが誰もがしっている有名な曲ですね.

Wikipediaより抜粋 テイク・ファイヴ(Take Five)は、デイヴ・ブルーベック・カルテット(The Dave Brubeck Quartet)が制作したジャズ・ナンバーである。アルバム『タイム・アウト』(Time Out、1959年)所収。ポール・デスモンド(Paul Desmond)作曲。4分の5拍子のリズムが特徴的な、ウェスト・コースト・ジャズを代表する曲である。

2003年アジア大会でもこの曲で金賞を受賞、世界大会ジャズ部門で準優勝のこの曲

私が私であること、持ち替えプレーヤーだと言うことをとっってもよく表現してくれる曲です。

そしてこの記事を再度ここに掲載しようと思ったのは、
作曲者であり、ドラマーのデイヴ・ブルーベック  2012年12月5日(満91歳没)というニュースが飛び込んできたからです.
ご冥福をお祈りします。いままで、そしてこれからもありがとうございました。

テイク5最初の部分 試聴

アジア大会の時は「メジャーテイク5」という曲目でノミネートしたのですが、

じつは普通のメジャーキーのハーモニカを使うのです。(チューニングはしてません)

とっても烈しく持ち替えます。


最初の方はGのハーモニカを下に、Cのハーモニカを上にと、2本持っています。(転調後は半音上がるのでA♭とD♭です)

持ちかた
(写真や音源は、私のマンツーマンレッスン中に撮った物です)

前から
横から

ポイントは、下のハーモニカの2番穴の真上に上のハーモニカの1番穴を常においておくことです。
こうすることによって、下から上、上から下に移動したときに、目視しないでも穴番号をつかむことが出来ます。
イメージはこんな感じ↓例えばGハーモニカの2番吸い(ソ=D)と真上のCハーモニカ1番吸い(レ=D)が同じ音です

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

この曲のキーはAmなので、下(G)のハーモニカはサードポジション、上(C)のハーモニカはフォースポジション(平行調)を使ってます。
平松悟流テイクファイブのやり方。
Aメロ
3番の吸い一音ベンド、ラから
音源008 私が説明してます。

③↓ーー④ ⑤ーー6 ⑥↓ーー⑥ ⑥↓ーー6 ⑤ーーー ③↓ーーー 4ーーー ④ーー ーーー ーーー
ラーーレ ファーーソ ラ♭ーーラ ラ♭ーーソ ファーーー ラーーー ドーーー レーーー ーーー ーーー

音源009 私が説明してます。 ドレドラソーラーーとやらないで、 ここでCのハーモニカに持ち替えて、ミーーとやります。
(Gのハ-モニカでラとやっても良いのだがベンドなので音が汚くなってしまうのでそれを防ぐため)
音源010 私が説明してます

③↓ーー④ ⑤ーー6 ⑥↓ーー⑥ ⑥↓ーー⑥ ⑤ーーー ③↓ーーー 4ーーー ④ーー ーーー ーーー
ラーーレ ファーーソ ラ♭ーーラ ラ♭ーーソ ファーーー ラーーー ドーーー レーーー ーーー ーーー

Gハーモニカ ここだけ
Cハーモニカ
Gハーモニカ
4④

音源011 Aメロ全部


Bメロ
音源012 ハーモニカを沢山持ち替えますが、何故そんなめんどくさいことをやるのか、そのメリット説明 ベンドやフェイクが沢山の穴で出来ます。
音源013 Bメロを口頭で説明してます。下記表を見ながら聴いてみてください。


CDにあるこの部分 試聴
この曲のオリジナルはE♭mなので、
それをハーモニカでやるにはD♭のハーモニカとF#のハーモニカが必要になります。
この高さだと高くてしょうがなくなりますので(笑
GとCのハーモニカで、Amのテイクファイブをやろうとハーモニカの都合で勝手に変えてしまったのです。
この後はTAKE5アドリブ (上の音源に有りましたが一部分A♭ハーモニカに持ち替えます)
そして5拍子のマイフェイバリットシングス
最後にA♭とD♭のハーモニカでテイク5アドリブになります。
どこでどのハーモニカを使っているか、是非当ててください。
TAKE5他の部分も試聴
いや~ハーモニカは本当に奥が深い!
ちなみに好評頂いているCalling you試聴もこんな感じで持ち替えを頻繁にしています。気づかれましたか?
CD
詳細はこちら

サマータイム

ここはすべてCハーモニカを使います。

サマータイムはマイナー曲なので
まずはナチュラルマイナーポジションと呼ばれる
4th ポジションでやって見ましょう。

5番の吹きのミから
ミードミミーーと始めて、最後がミーレードーーラーーーで終わる。

CのハーモニカでAmのサマータイムを演奏。これが4thポジションといいます。

最後のラーーーと3番のベンドが大変ですよね!

これは僕も難しいと思ったので、解決策一つ目

オクターブをかえます。

8番の吹きから
同じくミードミミーーー!と演奏します。
ここではCのハーモニカを使いますが、Gのハーモニカでやってみると案外音が高くなく、
キンキンしないのでお勧めです。その場合はEmのサマータイムとなりますね。

次の解決策としてポジションをかえます。

Dm のサマータイムにあわせるために
6番吸いから、
ラーファラーラーーとやると
途中のベンドが大変ですが、
最後が
ラーードーーーラドレーファーーーラーソーーーファーーレーーーという感じで4番の吸いで終わるので楽です。

summertime3rd.mp3

20121218-195850.jpg

三週ありまして、最後は練習用で、メロディーのみのカラオケを入れておきました。

ラードーーーラドレーファーーラーソーの「ラ」
を少し下げると、ブルージーになりますね。

次にセカンドポジションでやります。GのサマータイムをCのハーモニカでやります。

レーーラ(3ベンド)レーレーーとやります。

これですと、ベンドがきれいに出来る人ならわかると思いますが、拳が入れやすいのです。

レドシ♭ソーーーーという流れはマイナー曲をやるときとか、ブルースをやるときに役に立ちますので、是非なれてください。
summertime.mp3

20121218-195728.jpg

レーシ♭
レーレーーー ーーーーーー ーーードーシ♭ ドーレーーシ♭
ソーーーーー レーーーーー ーーーーーー ーーレレーシ♭
ドードーーー ーーーーーー ーーーシ♭ーソ シ♭ードーーシ♭
ラーーーーーー ーーーーーー ーーーーーー ーーレレーシ♭

レーレーーー ーーーーーー ーーードーシ♭ ドーレーーシ♭
ソーーーーー レーーーーー ーーーーーー 休休休休レーー
ファーーーレファ ソーシ♭ーーー レードーーー シ♭ーーー
ソーーーーー ーーーーーー ーーーーーー 休休レレーーシ♭

こんな感じです。シ♭は3番半音ベンド ラは1音ベンド
ファは2番の1音ベンドです。

ベンドが大変ですが、不安定で震える、ボーカリストのような
雰囲気を作ることができますのでお勧めです。

伴奏はおなじみiPhoneのアプリ、
Ireal b を使いました。
I real bについて