曲のキーについて

今日ハーモニカを手にしたばかりの生徒さんに、曲のキーを説明しようとして、
説明中フリーズされてしまった(笑)

時間内に納得いく説明が出来なかったので残念な気持ちが残り、がっかりしています。

ーーーーーーーーーーーーー
ここで全くの音楽素人にドレミとキーを教える決心をした。

ターゲットは飲み屋さん。宮崎の地鶏とお酒が旨い。保土ヶ谷駅そばの丸八さん。

20121120-210321.jpg
ここでお肉を焼きながら熱燗を頼んでお客さんとしてお店の人に話をする。

20121120-194453.jpg

興味を持っていた生徒さんに理解できなかったことを、
抜き打ちで興味のない素人さんに説明が通ったらすごいでしょ!

質問した。

(他のお客が帰ってしまったのを見計らって)
僕「お兄さん、楽器はわかりますか?」

お兄さん「わかりません。」

僕「では、この写真をみて、
どこが「ド」ってわかりますか?」

20121120-194503.jpg

お兄さん「うーん。知らないですけどDって書いているから、ここが「ド」ですかね?」

(笑)よし、ターゲットゲット。
(答えは「C」です。)

まずはハーモニカをだす。
Eのハーモニカを出して

ドレミファソラシドドシラソファミレド
Eのハーモニカで4番の吹きから順にやった音源
と吹いてみる。
(実際はEF♯G♯ABC♯D♯Eーと言う音が出てる)

20121120-200015.jpg
ウィキペディア、ホ長調から画像拝借

僕「僕は何と吹きましたか?聞こえました?」

お兄さんはあっさり
「ドレミファソラシド ドシラソファミレド
ですかね?」

と聞き取れた。

次にGのハーモニカを出してみる

ドレミファソラシド

と吹いてみる。
Gのハーモニカで4番の吹きから順に音をだした音源
(実際はGABCDEF♯Gーと音が出ている)

20121120-200239.jpg
お兄さんは

「ドレミファソラシド、ドシラソファミレドと聞こえました。さっきとなんか違うけど、同じ音でしたよね?」
と答える。

おーーー!凄い!

さて、先ほどの写真、ピアノの絵を見せて、
最初に出したEハーモニカが演奏した音と

20121120-232854.jpg

Gハーモニカで演奏した音を、ピアノの鍵盤を押しながら実践して見ました。

20121120-232953.jpg

お兄さん「なるほど、全部ドレミファに聞こえるけどピアノで押してみると、案外ややこしいのですね。」

で、Gの楽器でやったのが

GABCDEF♯G
と言うのを聞いてもらったあとで、
GABCDEFG
と言う音を聞いてもらったら、
GのハーモニカとCのハーモニカでこんな感じ

お兄さん「あれ!Fの音がなんか不自然で、下がった感じがしましたね!」

そう、これが
ドレミファソラシ♭ド
とやった結果だから、やっぱりドレミがわかっているひとは、
ドレミファソラシド!と行って欲しくなりますよね!

お兄さん「え!じゃあ僕はドレミをわかっている人なんだ!」
→メジャースケールの説明おわり。

ーーーーーーーーーーーーー
僕は最初のはEの楽器、(Eのハーモニカですが、ここではEの楽器と説明した)
次のはGの楽器、

そしてピアノはCの楽器と説明したら

お兄さん「では、楽器によってスタートが違って、そのスタートからは間隔(スケール)が同じなんですね!」という

何ともいい感触の答えをいただいた。

次に、このブログを書いている途中で、フェイスブックにコメントアドバイスがあったので、
早速カラオケの話をした。

「お兄さん、カラオケには行きますか?」
「はい!いきますよ。」
「カラオケの機械にあのキーチェンジってあるじゃないですか!
あれって押したらどうなるかわかります?」
お兄さん「押したことないけど、音を高くしたり、低くしたり、
キーが変わるんですよね!」

そうなのです。先ほどはEの楽器とGの楽器と説明しましたが、
実は、
G A E C D E F G

やると、
ドレミファソラシ♭ド
と聞こえてしまい、
ドレミファソラシドと聞こえるようにやるには
GABCDEF♯G
と、人間誰しもやりたくなってしまう!
これがメジャースケールマジック!と言うものなのです。
ん!メジャースケール?!?!(難解そうな顔)

僕「では、メジャースケールの説明ですが、メジャー曲と、マイナー曲と聞いて、
どんな感想を覚えますか?」

お兄さん「うーん。メジャー曲は
誰もが知っていて売れている曲で、マイナー曲は、知っている人が少ない曲?」

僕「はい、ここではそう言うことではなくて、
メジャー曲と言うのは明るい曲、昔長調(ちょうちょうと読む)とか言いましたね。
マイナー曲は暗い曲、
昔は短調(たんちょう)とかって聞いたことがあると思うけど」

お兄さん「うーん、その辺になるとちんぷんかんぷんなんですよね。」

もう一度、GABCDEFGとやると、Fが低い感じがして、
F♯(Fの音を半音あげた音)にしたくなるよね?
もう一度この音源

お兄さんみたいなピアノの鍵盤のドレミもわからないような音楽素人でも、この感覚がわかるわけだから、メジャーなわけですよ。

これをメジャースケールといって、
Gの音から始まるからGメジャースケールという。(と、ピアノ鍵盤のアプリを見せながら実践)

20121120-232953.jpg
Gマイナースケールと言うのもあるんだけど、
GAB♭CDEFG
こう言うのは、有名じゃないから、詳しい人じゃないとピンとこないかもしれない。それだけ、マイナーって事なんだ。

まとめると、曲にはいろんなキーがある。
キーとは、スケールといって、ある一定の音の間隔をいう。一番有名なのがメジャースケール。
それが、ドレミファソラシドーって世界中で一番、今のところ有名な物。
その、ド、の音をcから始めたもの、これがCメジャースケール。ピアノはCの楽器だから、Cメジャースケールを一番弾きやすい。
サックスはB♭とか、ギターはAとか、とにかく様々なんだけど、

例えばCメジャースケールの曲をカラオケで唄っている時に、キーチェンジのマイナスを一度押せばその曲がBメジャースケールに変更され、もう一度押すと、B♭メジャースケールに変更、もう一度押すとAメジャースケールに変更される(ドレミの間隔は同じ)

ハーモニカは一つ一つにAの楽器、Bの楽器、Cの楽器として名前があって、
その調を唄っている時に、その調のハーモニカを取り出せば、ピッタリくるようになってる。
だから・・・・

お兄さん「うーーん!だいたいわかってきた。」

さて、ここでタイムアップ。

勘定を済ませ、次の現場に向かったとさ。

よく、ハーモニカはどのキーのを買えばいいのですか?と言う質問があるのですが、まずはピアノと同じキーのCハーモニカがいいと思います。

(え!いきなりCからですか?僕は何もわかってないのでAからでいいです!なんておっしゃる方がいらっしゃいますが、上記理由です)

ハーモニカの教則本もCキーに沿って書いてるものが多いです。その後にブルースでよく使われるようなAとか、Dとかを買えば良いのですが、

例え一本しか持ってなくても、
やりたい曲がそのハーモニカではなくても、キーさえわかれば、カラオケボックスに行って、キーチェンジした物を録音したり、パソコンでキーチェンジすれば、そのキーの物が手にはいる訳ですから、練習はどんなキーでも出来るわけです。←そうそう。この辺わかりましたか?

ーーー
おまけ。「平松悟 曲 キー 」で検索しましたら

このYouTube動画が見つかりました!そういえば過去に収録したことがありましたね。久々に見ましたがこれはわかりやすい!でも、上記説明を理解したあとだったらもっと理解しやすい!
しかしこの動画の最後の方でやる「恋人よ」は本気ですね。何を考えていたんだろう(笑)