いきものがかり ありがとうをハーモニカで

2011年にアメブロで公開したまま音源も載せずにしていたのがあったのでこれから音源を作ろうと思います。
年末送別会とかで普段のありがとうを伝えて見たらいかがでしょう?^_^

ドレミ譜面では、オクターブ別の記載が出来ないので、原曲を聞いてみて覚えてくださいね。
ハーモニカの穴番号を書いた穴譜より、この曲を音楽的に理解でき、覚えることができるでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=iFblqFhYcX8&
ありがとう
いきものがかり
●サビ
ドレミファソーーーーーラソソーファミーファミーーーーー

ミドーシドーーーミミーレドーーラソーーーーーー

ソソソファミミミーファミレーーー

ファファファミレレレーミレドーーー

ミドーー   ミファミレレーーード
ドーシラーシードーーー

●Aメロ
ソソーミーミーレファーミー
ソソーレレードミレー

ソソードレードレードシードソーーー

ドーラソファミミーファミレー

ソソファミレレレーミレドーーー

ミファーミファーーミファーーミレードー

ドドーーレミレーーー

●A’

ソソーミミーレファーミーー
ソソーレレードミーレーー

ソソードレードレードシードソーーー

ドドラソファミミーファミレーー

ソファミレレレーミレドーー

ミドーーファファミレレドシドーー

Bメロ
ミーミーレーソーレーミーレーー
ミーミーファーミーレー
ドーレードーソードーレード  休レレーレ♭レミーー

ソーファミファーー休ドラドーソーファミファーー休ドドラドーー

ドレーミミーレードレミミーレード

ラソミラーソミファソーー

サビ2
ドレミファソーーーーーラソソーファミーレファミーーーーー

ミドーシドーーーミミーレドーーラソーーーーーー

休ソソソファミミミーファミレーーー

ファッファミレレレーミレドーーー

ミファーミファー
ミファーミドーラレーー

サビ3
ドードレミファソーーーーーラソソーファミーミファミーーーーー

ミドーシドーーーミミーレドーーラソーーーーーー

ソソソファミミミーファミレーーー

ファーファミレレレーミレドーーー

ミドーー

ファッミレレーー
ドドーシラーシドー

2番は省略
順番は

●A’ Bメロ サビ3 間奏 サビ2 サビ3の順です。

最後に
ラーソーミソミドミドソドミーー

I real proで伴奏作って見ました。
欲しい方はご連絡くださいね。
satoruhiramatsu@gmail.com

20131128-105824.jpg

平松悟メソッド教則3枚組CD完成しました

お知らせ
購入フォーム
マンツーマンレッスンを始めて10数年経ちました。中にはキラキラボシから初めたお方が、プロとして、ステージで活躍されるようになった方もいらっしゃいます。

アマチュアプレーヤーでも名人級の方も沢山いらっしゃいます。

上達された方はもちろん練習量が多いのもそうなのですが、

●基礎をつける練習をされている

●効率よく覚えるにはどうすればいいか

という事がはっきりわかっていらっしゃる方だと思います。

そういう方の質問は鋭く、僕もびっくりすることがあります。

平松悟マンツーマンレッスン

では、基本的に生徒さんがやりたい曲を選んで、その曲をどうやって綺麗に演奏するか、と突き詰めて行くのですが、
場合により、その方のレベルに見あったオリジナルブルースを作ってあげたり
基礎をつけてもらうため工夫をしています。

その中で、このように伝えたらこんなに上達した!と感じたフレーズを沢山集め、3枚組のCDにしました。
(注意!6月始めに2枚組CDを作成したと発表しましたが、それと内容はほぼ同じです。ギュウギュウ詰めにすると再生エラーがおこりやすいので、それの対策です。)

20130622-073156.jpg

20130622-073207.jpg
↑是非拡大して項目を見て見てくださいね。

1枚目は「ベンドを使わないでこんなエクササイズ」
と題しているのですが、実は、ベンドマスターになる1歩手前の基礎を固めるための物です。
聞いているだけで、今の自分に何が足りないのか、わかる仕掛けになっています。

ベンドが綺麗にできる方でもちょっと音源に合わせて演奏して見てください。そして、自分のプレイ録音を聞いて見てください。

何か違うな?と思うところが2.3あるはずです。
そこが弱点なのかもしれませんね。

2枚目、3枚目は
ベンドを使わず、セカンドポジションブルースや
サードポジションブルースまで言及しています。
練習カラオケも入ってますのでアドリブの練習にもなりますね。
すべてCのハーモニカを使用しています。

とにかくベンドマスターになろう!という各種エクササイズが詰まってます。

おまけにトリルやスロートビブラート、7.8.9.10番の吹くベンドなどをしっかりできるように、かなり「鬼のような」エクササイズが入っています。

一部Aのハーモニカは使いますが、ほとんどCのハーモニカを利用しています。

アトスインターナショナルからでた
教則DVD「ブルースハープの嗜み」を
持っていらっしゃる方も多いと思いますので、わざとそれと被らないように作成しました。
このCDを聞いてからDVDを観ると新たな発見があり、それからまたCDを聞くとまた、新たな発見があるようなそんな仕様になってます^_^

さらに、
ブルースハープ嗜みを既にお持ちの方は2500円とさせていただきます。

お持ちでない方はこの機会に嗜みDVDいかがですか?(^^)さらに300円割引と、サインもおつけします。

ご希望の方は

購入フォーム
作りました。こちらからご注文ください。

平松悟メソッド教則2枚組CD完成しました

こんにちは。ブログいつも見ていただきありがとうございます。下記内容は変更になりました。

詳しくは
こちら(3枚組CD出来ました!)

お知らせ
購入フォーム
作りました。即発送可能です。いまならギリギリ「アレ」がついています。

マンツーマンレッスンを始めて10数年経ちました。中にはキラキラボシから初めたお方が、プロとして、ステージで活躍されるようになった方もいらっしゃいます。
アマチュアプレーヤーでも名人級の方も沢山いらっしゃいます。

上達された方はもちろん練習量が多いのもそうなのですが、

●基礎をつける練習をされている

●効率よく覚えるにはどうすればいいか

という事がはっきりわかっていらっしゃる方だと思います。

そういう方の質問は鋭く、僕もびっくりすることがあります。

平松悟マンツーマンレッスン

では、基本的に生徒さんがやりたい曲を選んで、その曲をどうやって綺麗に演奏するか、と突き詰めて行くのですが、
場合により、その方のレベルに見あったオリジナルブルースを作ってあげたり
基礎をつけてもらうため工夫をしています。

その中で、このように伝えたらこんなに上達した!と感じたフレーズを沢山集め、2枚組のCDにしました。
両方とも目一杯80分近く入ってます。

20130606-134623.jpg
↑是非拡大して項目を見て見てくださいね。

1枚目は「ベンドを使わないでこんなエクササイズ」
と題しているのですが、実は、ベンドマスターになる1歩手前の基礎を固めるための物です。
聞いているだけで、今の自分に何が足りないのか、わかる仕掛けになっています。

ベンドが綺麗にできる方でもちょっと音源に合わせて演奏して見てください。そして、自分のプレイ録音を聞いて見てください。

何か違うな?と思うところが2.3あるはずです。
そこが弱点なのかもしれませんね。
それとベンドを使わず、セカンドポジションブルースや
サードポジションブルースまで言及しています。
練習カラオケも入ってますのでアドリブの練習にもなりますね。
すべてCのハーモニカを使用しています。

2枚目はとにかくベンドマスターになろう!という各種エクササイズが詰まってます。

おまけにトリルやスロートビブラート、7.8.9.10番の吹くベンドなどをしっかりできるように、かなり「鬼のような」エクササイズが入っています。

一部Aのハーモニカは使いますが、ほとんどCのハーモニカを利用しています。

アトスインターナショナルからでた
教則DVD「ブルースハープの嗜み」を
持っていらっしゃる方も多いと思いますので、わざとそれと被らないように作成しました。
このCDを聞いてからDVDを観ると新たな発見があり、それからまたCDを聞くとまた、新たな発見があるようなそんな仕様になってます^_^

CD1、CD2共に1500円ですが、
まだ公開販売は出来ません。
以前「欲しい!」と手をあげて頂いた方中心に僕からメールをします。
ブルースハープ嗜みを既にお持ちの方は大幅割引させていただきますのでお楽しみに。

ご希望の方は件名に教則CD欲しい!割引希望!

satoruhiramatsu@gmail.com

こちらにメールくださいね。

追記

購入フォーム
作りました。

長渕剛さんの乾杯をハーモニカでやって見ました

乾杯!音源はこちら

http://youtu.be/usWRmWf6wtc
YouTubeより。長渕剛乾杯 初期バージョン
乾杯!今君は人生のー大きなー大きなー舞台に立ち!!
同僚の結婚式で歌いたい!ハーモニカも吹きたい!という、とある人のために作った音源です。
心をこめて吹きました。

曲の中では、ベンドは使ってないですが、

フェイクしたり、強弱をつけると雰囲気がよく出来ます。

利用はCのハーモニカです。(上の動画のキーはDです)

かたーいきずなにー思いを寄せてー

ソソーソソソソソー ラーシードドーシードミーー
って感じです。

続きは頑張って耳コピーして下さいね。

 

 

アメージンググレースもう一つ

音源はこちら

Cのハーモニカを手に取り、
4567番の穴を使った曲をたくさん練習し、
ものなった頃、こんな曲もいいと思います。

アメージンググレース。

この頃はまだ、セカンドポジションだの、Gの曲をCのハーモニカでやっているとか、意識しないで良いのですが、
とにかくやって見たらわかりますが、
「吸い」が多いでしょう?

これがセカンドポジションなのです。
でも、ベンドは使わず、プレー出来ます。
4番の吸いから始めます。

一小節1行で記載しました。

弱起部分を抜かすと
16小節の曲ですね。

休休休 休休休 レーソ
ソーー ーー休 シラソ
シーー ーー休 ラーー
ソーー ーー休 ミーー
レーー ーー休 レーソ
ソーー ーー休 シラソ
シーー ーー休 ラーシ
レーー ーーー ーーー
ーーー 休休休 シーレ
レーー ーー休 シラソ
シーー ーー休 ラーー
ソーー ーー休 ミーー
レーー ーー休 レーソ
ソーー ーー休 シラソ
シーー ーー休 ラーー
ソーー ーーー ーーー
ーーー 休休休 休休休

レ=4番吸い
ラーシレーとシーレレーのレは8番吸い

ソ=6番吹き
シ=7番吸い

ドレミ譜に慣れて欲しいので穴番号は掲載しません。
ドレミで歌えるようになれば良いでしょう。

「吸いが苦しい」と思われる方は無駄が多い証拠ですので、
効率よく吸えるようにロングトーンの練習などすると良いでしょう。

カラオケ音源はお馴染みiPhoneのI real b
を使いました。

20130121-164344.jpg

音源はこちら

ちなみに「アメージンググレースもう一つ」という題名にしたのは、元々、下記のこれを掲載していたからです。

アメージンググレース
ベンドを使うタイプですね。僕も普段ステージでやるとしたらこちらです。

でも、これに慣れて、一オクターブ高い上記曲が出来なくなったと言うのもまた困りごとなので、ベンドを使わないタイプも覚えておいた方が良いでしょう。

ブルースバッキング

今日は千葉ハーモニカサークルの日でした。(メンバー募集中です次回は2013年1月12日朝10時です。)
前回やりました
あの素晴らしき世界、復習をしました。
曲の拍数について説明。やはり給付であるべきところとそうではないところが覚えられないと言うことで、
この曲は一拍目が重要と説明しました。

次はお約束してましたブルースバッキング。

Gのキーの曲をCのハーモニカでやることをセカンドポジションと言います!と説明したら、曲のキーとは何か、解らないとおっしゃる方もいらっしゃるので

キーについて 詳しく書いたブログ紹介

なぜセカンドポジションでブルースをやるのか、その訳を説明。

あとは、ハーモニカは「吸う楽器」
なので123番の配列が

ドレミソソシドなのだという説明をしました。

セカンドポジションに慣れるために

ソミソミ練習、●音源をここに載せる

2番の吸い、ソを出そうとしてどうしてもピッチが不安定な方が数名いらっしゃいましたが、今までの練習の成果をいかし、全員クリアしました。

ソーソシーシレーレミーミファーファミーミレーレシーシソーーーーー休休休休

基礎練習。●音源はここに載せる

3番のソは吹かず2番の吸いを吸う。

ソーソシーシレーレミーミ
ファーファミーミレーレシーシ

ソーソシーシレーレミーミ
ファーファミーミレーレミーミ

2段目

ドードミーミソーソシーシ
ドードミーミソーソミーミ

ソーソシーシレーレミーミ
ファーファミーミレーレシーシ

3段目

レーーーーーーーーーーー
ドーーーーーーーーーーー

ソーソシーシドードシーシ
ソーーレーレーーーーーー

最初はゆっくりのテンポで、だんだんと速くやってみました。

自主練するとき4小節ずつ区切ってやるとよいでしょう
間違えやすい所が自覚できると 楽です。

速くやると、タータタータというシャッフルのリズムが崩れ、
タタタタとなってしまいますので、伸ばすところは伸ばして縮めるところは縮めるように考えてやってみましょう。

ファーストポジションに慣らされた皆さんなので、セカンドポジションのこのような感じは慣れなくても仕方ないかもしれません。全く別物の楽器を演奏する気持ちで、
早く慣れるように頑張りましょう。

次回はもう一歩、ブルスーバッキングを踏み込んでやってみようと思うのと、リクエスト曲がありましたらそれをやります。

いちご白書をもう一度

リクエストをいただいたのでやってみました.

いちご白書をもう一度です.ここではAmの曲をCのハーモニカでやりました。
いちご白書音源
4THポジションともいいますが、いわゆる平行調なのでわかりやすいですね.
下記にドレミ譜面を載せておきましたが、伸ばす長さなどは忠実に表せてません。
ただ、1行2小節ということと、文字の始めが一拍目、最後が4拍目というところだけ
こだわって書いてみました.
赤文字は7.8.9番の高いドレミです。
Aメロ
ミファ

ミーーーーーーーラーシードー  シーミソーーーーーーーラシ

ラーーーードーーードーレードミ ーーーーーーーーーーミファ

ミーーーーーーーラーシードー  レミシーーーーラーソーラ

ーーシーーーシラソーソーラー  ーーーーーーーーーーミファ

A’メロ
ミーーーーーーーラーーシードー  シーミソーーーーーーーラシ

ラーーーードーーードーレードミ ーーーーーーーーーーミファ

ーーーーーーーーラーシードー レミシーーーーーーラーソーラ

ーーーーーーラーシーラーソーソーラ ーーーーーーラレミ

Bメロ
ファーーーーーラーーーラーシードシ ーーーーーソードーレー

ミーーーーソーーーラーシーラ  ーーーーーラーレーミー

ファーーーラーーーラーシードーシ ーーーーソドレ

ミーーーミーーーミーレードーレミ ーーーーーーーーーミファ

A”
ミーーーーーラーシードー  シーミソーーーーーーーラシ

ラーーーードーーードーレードミ ーーーーーーーーミファ

ミーーーーーーラーシードー   レミシーーーーラーソーラ

ーーーーラーラーシーラーソーソーラ  ーーーーーーーーー

20121120-025228.jpg

カラオケ音源はおなじみiPhone
アプリ、I real bを使いました。

I real bについてデータが欲しいという方、メールで送りますので是非ご連絡くださいね。

あの素晴らしき世界

What a wonderful world をやってみましょう

この曲は高音部分がありませんので簡単ですが、

長いので、ゆっくり確実に仕上げてみてください。

What a wonderful world MIDI音源(17kb)

都合によりいろんなバージョンをアップしている中で、今はこれがいいのでは?とおもうものがこれです。

What a wonderful worldの3(改訂版2)

C 10
ファ ファ

4拍子ですが、一拍をちょうど3つに分けています。


ここでは1行が4小節になります。

リズムは多少難しいですが、音源を聞きながらやれば

さほど難しく感じないかもしれません。

低い「ソ」は、3番穴を吹いても、2番穴を

吸ってもどちらでもかまいません。


リズムがどうしても取れないという方は

まず歌ってみましょう。

例えば最初の部分

Aメロ

いーち  にーい  さーん  よーん

休休休  休休休  休休休  ソおシ

ドおお  おおミ  ソおお  おおお

おおラ  あララ  ソおお  おおお

おおフ  あフフ  ミいミ  いいミ

レえレ  えレレ  ドおお  おドド

ドおド  おドお  ドおお  おおお

おおお  ドおド  シいド  おレえ

ミいい いいい いいい いいい

みたいな感じで、拍数を間違えないように

ひらがなで伸ばすところをはっきりさせます。

間違えやすいところ

イントロがどれくらいあるか良く感じてください。

いーち  にーい  さーん  よーん

にーい  にーい  さーん  ソーシ

ーーー

上記音源の譜面です。完全に再現したものではないので、参考程度にみてください。音源にあわせてドレミで歌うとリズムも覚えやすいですよ。

Aメロ
休休休 休休休 休休休 休休休

休休休  休休休  休休休  ソーソ
ドーー  ードド  ソーー  ーーー
休休ラ  ーララ  ソーー  ーーー
休休フ  ーフフ  ミーー  ーーー
休休レ  レーレ  ドーー  休ドド
ドード  ードー  ドーー  ーーー
ーーー  休ドド  シード  ーレー
ミーー  ーーー  ーーー  ーーー
ーーー  ーーー  ーーー
A’メロ

ソソ
ドーー  ードド  ソーー  ーーー
休休ラ  ーララ  ソーー  ーーー
休休フ  ーフフ  ミーー  ーーー
休休レ  レーレ  ドーー  休ドド
ドード  ードー  ドーー  ーーー

ーーー  休ドド  ード  ーレー
ドーー  ーーー  ーーー  ーーー
ーーー  ーーー  ーーー
Bメロ (3行目のレは本当はレ#ですが、ここではアレンジしています)
休ドド
レーレ  ーレー  レーー  ーレレ
休休ミ  ーミミ  ミーー  ードド
レーレ  ーレレ  レーー  ーーレ
ーーー  ーミミ  ミーー  ーミソ
ラーー  ーーラ  ソーー  ーミソ
ラーラ  ーラー  ソーー  ーーー
休休ラ  ーララ  ソーー  ーーソ
フーー  ミーー  レーー

A’’メロ

ソソ
ドーー  ードド  ソーー  ーーー
休休ラ  ーララ  ソーー  ーーー
休休フ  ーフフ  ミーー  ーーー
休休レ  レーレ  ドーー  休ドド
ドード  ードー  ドーー  ーーー

ーーー  休ドド  ード  ーレー
ミーー  ーーー  ーーー  ーーー
ーーー  ーーー  ーーー  ーーミ
ミード レード ーーー ーーー
ーード シード レード ーーー
ーーー ーーー ーーー ーーー

上の曲をスラスラと吹けるようになったら単音はマスターしたと判断します。ベンドにチャレンジしてみてください。

20121120-025517.jpg

カラオケ音源はおなじみiPhoneアプリ、Ireal bを使いました。

I real bについて

もろびとこぞりて

もろびとこぞりてをやってみましょう
もろびとこぞりて(0.1MB)

C 10
ファ ファ

 

ドーーーシーーラ ソーーーーーファー ミーーーレーーードーーーーー

ソー
ラーーーーーラー シーーーーーシー ドーーーーーー ーーーーーードー

ドーシーラーソー ソーーファミードー ドーシーラーソー ソーーファミーミー

ミーミーミーミファ ソーーーーーファミ レーレーレーレミ ファーーーーーミレ
ドードーーーラー ソーーファミーファー ミーーーレーーーー ドーーーーー

 

 

注意点
・スケール練習になるので
一番最初は「ドシラソファミレド」というスケール練習になりますので。確実にやってください。

・速吹きの基本

4行目
ミーミーミーミファ ソーーーーーファミ レーレーレーレミ ファーーーーー

「ミファソ」 「レミファ」と速くやります。極限まで速くやるよう、繰り返してみてください。

ミーミーミーミファ ソーーーーーファミ レーレーレーレミ ファーーーーー
ミーミーミーミファ ソーーーーーファミ レーレーレーレミ ファーーーーー
ミーミーミーミファ ソーーーーーファミ レーレーレーレミ ファーーーーー
ミーミーミーミファ ソーーーーーファミ レーレーレーレミ ファーーーーー

こんな感じで。最初はゆっくり、だんだん速くやってみてください。
・穴が離れているので確実にそして素早く移る
4行目から5行目にかけて
・・・・ミレ ドードーーーラー ソーーファミーファ・・・・
このドから(高い)ドに移るときにうまくハーモニカを動かしてください。

C 10
ファ ファ

ハーモニカから口を決して離さず、スライドさせるように動かしてください。
頭は動かしては駄目です。手をはっきりとカクカクッと動かしてください。

もろびとこぞりて
もろびとこぞりて

ブルースを始めるのなら

ブルース大好きなKさん。家には沢山CDがあり、音楽を愛し、毎日聞いていらっしゃる。
でも楽器は全くやったことがない、そんな方がブルースハープを手にし、連絡いただきました。
最初は単音の練習。繰り返し練習され、ある程度できるようになったら次の音源を紹介しました。

ブルースバッキング(平松悟ブルースハープ講座より抜粋)

20121114-141645.jpg

家にあるブルースのCDに合わせブルースバッキングを演奏するとあらびっくり!
全部の曲にぴったりあうではないですか!
ということでこれがブルース12小節というもの。
ただまだ始めたばかりなので、ブルースバッキングをやるのは敷居が高い。

ということでもっと簡単なブルース曲を用意しようと思ったのですが、
手元にあった ブルースハーモニカリアルブック4巻の音源を送りました。
ブルースハーモニカリアルブック4巻詳細はこちら
4巻のCD 15番の音楽ファイル
1234(数字はテンポです)
シレー 34 シレー 34 シレー 34 シレー 34
ミソー 34 ミソー 34 シレー 34 シレー 34
ファラー34 ミソー34 シレー 34 シレー 34
(2週目はアドリブ)

最初はこんな感じのブルース曲から親しみ、それからだんだん難しく、複雑にしていく感じが良いですね。