アメージンググレース

Gのハーモニカでアメージンググレースをやってみました

アメージンググレース.mp3をやってみました
セカンドポジションなので、この場合はDのアメージンググレースになります。
;

C 10
ファ ファ

アメージンググレース.mp3

レーミソーーーーシラソシーーーー

シーラソーーーーミーレーーー

レーミソーーーシラソシーーーー

ラーシレーーーーーーーミレレーー
シーレレーーーーーシラソシーーーー
ーシーラソーーーーーミーーーレーーーーー
レーミソーーーーシラソシーーーー
ーラソーーーーミーソーーー

音源は2回繰り返しています

「シ」の音は少し下げておくとブルージーな感じでまとまります。
この曲は無伴奏ソロでも聞かせる曲で、世界中の人が知っている曲なので、習得してほしいですね。
ベンド フェイク スロートビブラート等をうまく活用しましょう

別テイクでカラオケ音源をつけたバージョンも録音しました。

Dアメージンググレースカラオケつき

20121120-113211.jpg

レーソソーーーーシラソシーーシーラ
ソーーーーーミーーレーーーーーレーソ
ソーーーシラソシーーーラーシ
レーーーーーーーーーシーレ
レーーーシラソシーーーシーラ
ソーーーミーーレーーーレーソ
ソーーーシラソシーーーラーー
ソーーーーーー

その後はアドリブです。

カラオケ音源はおなじみiPhoneのアプリ
I real b を使用しました。

I real bについて

アメージンググレースを使ってスロートビブラートデビュー

ダニーボーイをシャッフルで。

ダニーボーイをシャッフル調で

僕のアルバム心動2
にも収録されているダニーボーイという曲。
通常はバラード調に演奏するのが普通ですが、元気にシャッフルでやってほしいという要望があり、録音してみました。

シャッフルでやるとなにが良いかというと、まず、元気に聞こえる。ウキウキしますね。

次に、特にファーストポジションでやるときには3番ベンドのラーーーとのばすところが目立ってしまうのですが、
これでやると短く「ラ」とやってもいい感じですむところです。
なので、ほかの本来のばすところも短く切ってしまうとよいです。

ファーストポジションでやるとBメロのソラシドー
というところでオクターブ奏法がとても効果的です。
ソラシドの
ソラのところは3度奏法といい、
二つの穴を吹き吸いし、

舌の先端で5番6番の穴の間を舐めるようにおさえ4番と7番の穴を吸う、
すると、シドーの部分、オクターブ奏法が使えます。

さらに8番吹きのフェイク!

うーん気持ちいい!

ということで2週目のAメロ
は適当にアドリブをして、Bメロはテーマに戻りました。音源はすぐにアップします。

ダニーボーイ音源はこちら

カラオケ音源もここにアップしました。
ちなみにおなじみ、iPhoneのIrealbを使いました

20121030-232508.jpg

ブルームーン

ブルームーンCハーモニカ利用
キーはGです。セカンドポジションですね。

休休休 レーー
レーー ーーー ーーー ーーー 
ーード レーミ レーレ ーード 
レーー ーーー ーーー ーーー 
ーーラ シード シーシ ーーラ
シーー ーーー ーーー ーーー
ーーソ ラーシ ソーー ソーミ
ソーー ーーー ーーー ーレー

という感じです。Bメロはベンドが多く、難しいですが、頑張って耳コピーしてみてくださいね。
どうしてもわからないという方は是非下記からご連絡下さい

なお、カラオケ音源はおなじみ、iPhoneのireal b
を使いました。

20121025-105004.jpg

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

世界の約束

世界の約束Cハーモニカ使用
世界の約束をハーモニカでやってみました。

この曲は低い3番ベンドを使わないと出来ない曲なのですが、

初心者の方がどうしてもやってみたいということでちょっと工夫をしました。

最初の出だしだけ、オクターブ上げて6番吹きからやってます。

Bメロの最初からオクターブ下げ、途中から一気にあがります。

こうしたら曲の全体の雰囲気を失わずに(むしろハーモニカのよさを前面に出して)

曲を歌い上げることが出来たかな?と思います。

世界の約束Cハーモニカ使用

 

スロートビブラートをやってみましょう

マンツーマンレッスンで、Gハーモニカを使い、アメージンググレースをやってみたところ、

スロートビブラートが出来そうだったのでそのときに録音した音源です。

スロートビブラート解説音源Gハーモニカ使用

この中の言葉にある「-30」というのはベンドで一番下がった音のことを言います。

僕のDVDお持ちでしたらわかりますね!

Gのハーモニカの3番ベンドの一番したのー30ということは、D♯の-30の音です

チューナーとかで調べてみてください。でてますか?

この生徒さんは、その音が力抜いて長く出るようになったので、ビブラートが出来始めました。

参考

アメージンググレースをGハーモニカで

ジョージアオンマイマインドをGハーモニカで。

僕の周りではGハーモニカを使ってスロートビブラートデビューされた方が多いです。

 

オクターブ奏法をやって見ましょう

オクターブ奏法を徹底的にやってみよう.

①まずハーモニカを1番から4番の穴をガバッとくわえ吹いてください.

音楽ファイル1234番いっぺんに吹く。最後はちょっとオクターブ(37.3kb) 

ドミソドーという音が出るはずですが、そのままなんとなく舌を突き出して②2番と3番の穴をふさいでください..

最初、穴の位置が把握出来ないうちは↓こんな感じだと思います。

音楽ファイル「オクターブ奏法覚え途中」(54.8kb)

コツとしては、2番と3番の穴の間のバーに舌先を「軽く」あてるようにします.①から②の動作へ速く移るようにしてください。これを何回か繰り返します。

音楽ファイル「オクターブ奏法覚え途中2」(40.5)

ちゃんとオクターブの音が出ているか、音楽ファイルを聴きながら比べてみてください.最初のうちは分かりにくいので

A 一つの音しか出てない

B 「ド」意外に「ミ」「ソ」が混ざってる

ということが感じられなかったら、それはもう「完成した」と思って結構です.

さて、ここで秘密のコツなのですが、

1234番の和音を正確に出すって難しいですよね?

今までの経験上、どうしても大きくくわえてしまうかたが多いようです。

実はこの1234番の穴の距離、ハーモニカの横のサイズとほぼ同じなのです!

20121023-164911.jpg

ほら!なので、ハーモニカを横にくわえた感じの口の大きさが正解です!

結構ちいさくないですか?口をその大きさのままにして、4つの穴をくわえてください。

ばっちり!

さて、「ド」のオクターブ奏法が出来上がりましたら、今度はそのまま吸ってみてください(通常吸ったほうが難しいようです)「レ」の音が出ると思います.

「ド」「レ」「ド」「レ」「ド」「レ」・・・と繰り返してください

音楽ファイル「オクターブ奏法”「ド」「レ」「ド」「レ」・・・”」(30.6kb)

次に隣の穴にいってみましょう。「ド」「ミ」「ド」「ミ」「ド」「ミ」・・・と繰り返してください.

音楽ファイル「オクターブ奏法”「ド」「ミ」「ド」「ミ」・・・の練習”」(25.8kb)

ちゃんと「オクターブ」の音は出ていますか?

なれないうちは上の方で紹介した.

①②①②・・・・と繰り返すような感じでも良いです.徐々にそのスピードを上げるようにすると完成します.

音楽ファイルオクターブ奏法ドミドミを速く(19kb)

更に「ドレミ」をやってみてください.

音楽ファイル「オクターブ奏法「ド」「レ」「ミ」「ド」「レ」「ミ」」(35kb)

何故12番とか、低い音を使ってオクターブ奏法をやるのかというと、理由があります。

8度すべてここをみていただければわかるとおり、

例えば吸いのオクターブは1番4番以外でやってしまうと、大変不安定な音が出てしまいます。(例2番5番だと「ソファ」がいっぺんにでます)不安定な和音ですと、ちゃんと2つの音が出ているのか、それとも、気づかずに3つの音が出ているのかがわからないので、最初のうちは低いドレミ等で練習してください。ドレミのオクターブが出来ましたら次に進んでください。

次に「ファ」の音のオクターブ奏法なのですが

2番の穴と5番の穴を吸うと低いソと高いファが出ます.この穴は8度の音になりません.

音楽ファイル、オクターブ奏法で「ファ」をやってみた(27kb)

でもこの不完全な和音は、ブルースの曲ではとても有効に使われています.

音楽ファイル「オクターブを使ったブルース」

最後に、オクターブ奏法を使った練習曲を幾つか紹介しておきます.

音楽ファイル「オクターブ奏法でドレミファソファミレド」(19kb)

↑上の方で紹介した①②①②・・・というのから始めています.

音楽ファイル「オクターブ奏法で聖者の行進」(56kb)

↑単音で吹く聖者の行進より、肺活量を使うと思いますので適当なところでブレス(息継ぎ)をするようにしてくださいここまで出来たらオクターブ奏法はマスターしたと考えて良いでしょう。出来ない方はまた最初から繰り返し聞いてみてください。.

オクターブ奏法は、口元を吹いたり吸ったりしたらうまくできません。
喉の奥から「吐く」感じ
の練習になりますので、たまにこんな練習をすれば良いでしょう。

 

 

スタンドバイミー

上記はAハーモニカを使っています。

2009年8月30日に湘南材木座Day Dreamer’s Deckで行われたクリエイター集団ROOT × 産業能率大学アーティストプロモーション学生主催 ライブイベント海の家「Sunset Live」
イベント詳細⇒ http://www.create-root.com/event/2009…
久保田涼子(Vo.) / KYOU(P) / 梅原新(Gu.)/ 平松悟(ハーモニカ) / 伊藤夏子(Tap) / 平方元(Vo.)/山平 憲嗣(二胡)

アンコールです。リハなしでやったとは思えない一体感!(笑)

ぜひみなさん知っている曲なので覚えてぶっつけ本番でもできるように頑張ってください。

スタンドバイミーの音源(Cハーモニカを使っています)
CハーモニカでするためキーをCに変更しました。

;

C 10
ファ ファ

※(グリ)というのはグリッサンドといってハーモニカをスルっと滑らせて適当に音を出すことを言います。

ミソラーーーミソーーー
ドレミーレレ♭ードーー
ドレミーレレ♭ードーー
ドミレレ♭ー
レ♭レレ♭レードーー

ミソラーーーミソラーーー
フフミレドレミ レレードーー
ドレミレドーレミレー
ミレドドー

ララ♭ソ ーシー
ララ♭ラ ラ♭ラ・ラ♭ラ
ラソミド(グリ)ミーレーレードー
ミーレドー ミーレドーミーレドー

ミソラーー ミソララ♭ラ ドレミーレードー
ドレミレレ♭ド  休休レミレドー  レーレドー
ミソラーー ミラ♭ラ ララソ ミ(グリ)ドー レレド
ドレミレドー  レミレドー ミレーードドーー
ラ♭・ララ♭ソー シシー
ララ♭ラ ラ♭ラ・ラ♭ラ
ラソミド(グリ)ミーレーレードー
ラ・ミレレ♭レド・・ミレレ♭ド  ミレレ♭ド

間奏
ドーーーレーミーミレドドシララシラシラーーーシシーラミドラーーー
ソーレーレーレーレーーーミーーーーー
ソードレミソーー (←オクターブ) ドレミレドドシララシラシラシラ シーシーラミド
ラーーーソーーー  お休み
その後はお遊びです。
スタンドバイミーをやってみました.mp3

わざと4番と6番のベンド、フェイクを強調する感じに録音してみました。
「ここは♭使わないでも!」という所もあると思いますがあえて使ってみました。

ちなみにオクターブ奏法の部分。大変いい練習になりますのでやってみてください。

秘密のコツもまとめてみましたよ。どうぞ。

オクターブ奏法について

Ben E. King – Stand by me

 

ラブミーテンダー

ラブミーテンダー

ラブミーテンダーをやってみましょう。
ラブミーテンダー(MP3 約0.5MB)

C 10
ファ ファ
ソードーシードーレーラーレーーードーシーラーシードーーーーーーーー
ソードーシードーレーラーレーーードーシーラーシードーーーーーーーー
ミーーミミーーーミーーミミーーーミーレードーレーミーーーーーーー
ミーミーファーミーレーラーレーーーーードーシーラーシードーーーーーーーー

ソードーシードーレーラーレーーードーシーラーシードーーーーーーーー

ソードーシードーレーラーレーーードーシーラーシードーーーーーーーー

ミーーミミーーーミーーミミーーーミーレードーレーミーーーーーーー

ミーミーファーミーレーラーレーーーードーシーミーレードーーーーーーーー

(最後はちょっとアレンジを加えました)

注意事項

・高音部分に慣れる

この曲はいままでやっていた第5オクターブとは違い、
第6オクターブの音が登場します。
 第5オクターブ
 第6オクターブ

C 10
ファ ファ

今までは(4番の)レを吸っているときに、その穴をそのまま吹くとドの音が出ていましたが、

第3オクターブはこれと違い、(8番の)レを吸っているときに、その穴をそのまま吹くと「ミ」の音が出てしまいます。

最初はこれになれるのに時間が掛かると思いますが、習得する簡単な方法があります。

「ドレ」グループ
「ミファ」グループ
「ソラ」グループが

「シド」グループ
「レミ」グループ
「ファソ」グループに変わるなんて
一気に覚えるのは難しいので、

まずは

C 10
ファ ファ

最初のうちは「ミレ」だけを(他のは間違っても良いので)「しっかりやる」
と心に決め、チャレンジしてみてください。
しっかり出来るようになりましたら
次は「ソファ」を気をつけてやる・・・・・という風に
いっぺんに気をつけるのは難しいけど、ひとつずつ確実に習得するという気持ちでやれば
案外簡単に慣れてしまいます。
しばらくすれば、体が条件反射のように覚えてしまうことでしょう。

・「レラレ」は難しい
ソードーシードーレーラーレーーードーシーラーシードーーーーーーーー
とありますが、皆さん絶対にこの「レラレ」で引っかかります。
穴番号でいうと

C 10
ファ ファ

8番吸い 6番吸い 8番吸い~

っていうところが、多分初めての試みになると思います。
レーーシラーーシレーーみたいな感じで
真ん中のシが出ないように気をつけるのと、
あとは、頭を動かさない事唇をハーモニカから離さないこと(スライドさせること)
は、守ってください。唇を充分にぬらしてからやるとやりやすいかもしれません。

・高い音を綺麗に出すのは難しい

ミーーミミーーーミーーミミーーーミーレードーレーミーーーーーーー

というところと

ミーミーファーミー・・・・・

というのはさびの部分なのです。この曲でも一番高い音域をすることになるのですが、この「ミ」の音がちょっと下がってしまったりする人が良くいらっしゃるようなのです。

対策としては
メトロノームとクロマチックチューナー一体型。
お勧めです。定価3900円がこんなに安く!!

↑クロマチックチューナー等で
ちゃんとした「ミ」が出ているかを確かめます。
その後の「ファ」も、下がることは無いのですが、失敗すると「キーン」という金属音が鳴る事があります。

このように異常音が出た場合は、ズバリ、まっすぐ吸っていません。
これで「しっかりまっすぐ吸っているか」がはっきりとわかるようになってます。

ハーモニカは「す~っ」と吸うのではなく、のどの奥を「は」と発音するような形にして、
「深呼吸をするように」吸います。
吹くときも、ラーメンを冷ますように「ふ~っ」と吹いてはいけません
「はー」と吐くような感じです。
まっすぐ吸っているかどうかで、音の良し悪しが決まってきますし

まっすぐ吹くとわずかな空気で、リードを効率よく震わせることが出来るので
息も長く続くようになります。
まっすぐ吹き吸いする・・・・いわば、生活上の吹き吸いを、ハーモニカ用の吹き吸いに変える
必要があるということです。
さて、綺麗な音で、「人を感動させる」ラブミーテンダーが出来ましたでしょうか?
妥協をせずにがんばってください。
まっすぐ呼吸をする事を習得するには

ロングトーンの練習
出しにくい音をとにかく長~く長~く吹く事。吹き始めは斜めになっていた呼吸が、吹き終わりにはちゃんとまっすぐになっているはずです。

たとえば高い音、8番のミーレーミーレーを長~く長~くやるのをお勧めします。

ロングトーンの練習はこんな感じ(音源)
シャッフルの練習

ハーモニカで腹式呼吸を覚えよう←ここに詳しく載ってます。
をすれば早いです。
ちょっと説明が長くなってしまいましたが素敵な曲なのでやってみてください。
ラブミーテンダー(MP3 約0.5MB)

動画 ラブミーテンダーをやって見ました。

○キラキラボシ

○聖者の行進
オオスザンナ
もろびとこぞりて
リズムについて
○赤とんぼ

高い部分(第3オクターブ)を練習しましょう。

ラブミーテンダー

次へきよしこの夜

○峠の我が家

トゥルーラブ

ギャラリー

トゥルーラブをハーモニカでやってみました。 Trueloveをハーモニカで吹いてみました.mp3 こちらはソロバージョン YOUTUBE より  ドラマ あすなろ白書 で使われた曲です。歌 藤井フミヤ http://yo … 続きを読む

ふるさと

ふるさとをやってみましょう。

16小節の曲です。4分の3拍子。

ドレミ譜は
2小節ずつに改行してます。

ドードードー レーーミレー
ミーミーファー ソーーーー
ファーソーラー ミーーファミー
レーレーシー ドーーーーー (シは三番の吸いです。)

レドレーソー ドレミーミー(ソは三番の吹きです。)
ファミファーーラ ソファミーーー
ソーソーソー ドーーレミー
ファーファーレー ドーーーーー

ふるさと音源

カラオケ音源もアップしました。

カラオケ音源