アンパンマン 盆踊り バージョン

音源はこちら

Aのハーモニカを使ってます リズムはあべこべですが ドレミ譜を書いてみました

ドドラソドドラソドドッドド ドシ
ララソミララソミレレッレレ ードレ
ミーーソミソラードーソードーレ
ミー ーレシドーーーーー
ドレミファソードーラーソファソーー
ファーミレミードレレ♭レミレ
ドレミファソードーラーソファソーー
ファーミレミードレーソドーーーー

レミレレミレレソレ
ミファミミファミミラミ
ソラソソラソソドソミ
レラシラソーーー

ミミドーララ♭ラシドラ
レミレドシラソ
ミミドーララ♭ラシドラ
レミレシド

ドドラソドドラソドドッドド ドシ
ララソミララソミレレッレレ ドレ
ミーーソミソラードーソードーレ
ミーーレーシドーーーーー

ミミドーララ♭ラシドラ
レミレドシラソ
ミミドーラララシドラ
レミレシド

(その後アドリブ)

ブルースバッキング

今日は千葉ハーモニカサークルの日でした。(メンバー募集中です次回は2013年1月12日朝10時です。)
前回やりました
あの素晴らしき世界、復習をしました。
曲の拍数について説明。やはり給付であるべきところとそうではないところが覚えられないと言うことで、
この曲は一拍目が重要と説明しました。

次はお約束してましたブルースバッキング。

Gのキーの曲をCのハーモニカでやることをセカンドポジションと言います!と説明したら、曲のキーとは何か、解らないとおっしゃる方もいらっしゃるので

キーについて 詳しく書いたブログ紹介

なぜセカンドポジションでブルースをやるのか、その訳を説明。

あとは、ハーモニカは「吸う楽器」
なので123番の配列が

ドレミソソシドなのだという説明をしました。

セカンドポジションに慣れるために

ソミソミ練習、●音源をここに載せる

2番の吸い、ソを出そうとしてどうしてもピッチが不安定な方が数名いらっしゃいましたが、今までの練習の成果をいかし、全員クリアしました。

ソーソシーシレーレミーミファーファミーミレーレシーシソーーーーー休休休休

基礎練習。●音源はここに載せる

3番のソは吹かず2番の吸いを吸う。

ソーソシーシレーレミーミ
ファーファミーミレーレシーシ

ソーソシーシレーレミーミ
ファーファミーミレーレミーミ

2段目

ドードミーミソーソシーシ
ドードミーミソーソミーミ

ソーソシーシレーレミーミ
ファーファミーミレーレシーシ

3段目

レーーーーーーーーーーー
ドーーーーーーーーーーー

ソーソシーシドードシーシ
ソーーレーレーーーーーー

最初はゆっくりのテンポで、だんだんと速くやってみました。

自主練するとき4小節ずつ区切ってやるとよいでしょう
間違えやすい所が自覚できると 楽です。

速くやると、タータタータというシャッフルのリズムが崩れ、
タタタタとなってしまいますので、伸ばすところは伸ばして縮めるところは縮めるように考えてやってみましょう。

ファーストポジションに慣らされた皆さんなので、セカンドポジションのこのような感じは慣れなくても仕方ないかもしれません。全く別物の楽器を演奏する気持ちで、
早く慣れるように頑張りましょう。

次回はもう一歩、ブルスーバッキングを踏み込んでやってみようと思うのと、リクエスト曲がありましたらそれをやります。

TAKE5

大サービスtake5の譜面、やり方

TAKE5 について

TAKE FIVE というジャズスタンダートの曲。5拍子という特殊な曲ではありますが誰もがしっている有名な曲ですね.

Wikipediaより抜粋 テイク・ファイヴ(Take Five)は、デイヴ・ブルーベック・カルテット(The Dave Brubeck Quartet)が制作したジャズ・ナンバーである。アルバム『タイム・アウト』(Time Out、1959年)所収。ポール・デスモンド(Paul Desmond)作曲。4分の5拍子のリズムが特徴的な、ウェスト・コースト・ジャズを代表する曲である。

2003年アジア大会でもこの曲で金賞を受賞、世界大会ジャズ部門で準優勝のこの曲

私が私であること、持ち替えプレーヤーだと言うことをとっってもよく表現してくれる曲です。

そしてこの記事を再度ここに掲載しようと思ったのは、
作曲者であり、ドラマーのデイヴ・ブルーベック  2012年12月5日(満91歳没)というニュースが飛び込んできたからです.
ご冥福をお祈りします。いままで、そしてこれからもありがとうございました。

テイク5最初の部分 試聴

アジア大会の時は「メジャーテイク5」という曲目でノミネートしたのですが、

じつは普通のメジャーキーのハーモニカを使うのです。(チューニングはしてません)

とっても烈しく持ち替えます。


最初の方はGのハーモニカを下に、Cのハーモニカを上にと、2本持っています。(転調後は半音上がるのでA♭とD♭です)

持ちかた
(写真や音源は、私のマンツーマンレッスン中に撮った物です)

前から
横から

ポイントは、下のハーモニカの2番穴の真上に上のハーモニカの1番穴を常においておくことです。
こうすることによって、下から上、上から下に移動したときに、目視しないでも穴番号をつかむことが出来ます。
イメージはこんな感じ↓例えばGハーモニカの2番吸い(ソ=D)と真上のCハーモニカ1番吸い(レ=D)が同じ音です

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

この曲のキーはAmなので、下(G)のハーモニカはサードポジション、上(C)のハーモニカはフォースポジション(平行調)を使ってます。
平松悟流テイクファイブのやり方。
Aメロ
3番の吸い一音ベンド、ラから
音源008 私が説明してます。

③↓ーー④ ⑤ーー6 ⑥↓ーー⑥ ⑥↓ーー6 ⑤ーーー ③↓ーーー 4ーーー ④ーー ーーー ーーー
ラーーレ ファーーソ ラ♭ーーラ ラ♭ーーソ ファーーー ラーーー ドーーー レーーー ーーー ーーー

音源009 私が説明してます。 ドレドラソーラーーとやらないで、 ここでCのハーモニカに持ち替えて、ミーーとやります。
(Gのハ-モニカでラとやっても良いのだがベンドなので音が汚くなってしまうのでそれを防ぐため)
音源010 私が説明してます

③↓ーー④ ⑤ーー6 ⑥↓ーー⑥ ⑥↓ーー⑥ ⑤ーーー ③↓ーーー 4ーーー ④ーー ーーー ーーー
ラーーレ ファーーソ ラ♭ーーラ ラ♭ーーソ ファーーー ラーーー ドーーー レーーー ーーー ーーー

Gハーモニカ ここだけ
Cハーモニカ
Gハーモニカ
4④

音源011 Aメロ全部


Bメロ
音源012 ハーモニカを沢山持ち替えますが、何故そんなめんどくさいことをやるのか、そのメリット説明 ベンドやフェイクが沢山の穴で出来ます。
音源013 Bメロを口頭で説明してます。下記表を見ながら聴いてみてください。


CDにあるこの部分 試聴
この曲のオリジナルはE♭mなので、
それをハーモニカでやるにはD♭のハーモニカとF#のハーモニカが必要になります。
この高さだと高くてしょうがなくなりますので(笑
GとCのハーモニカで、Amのテイクファイブをやろうとハーモニカの都合で勝手に変えてしまったのです。
この後はTAKE5アドリブ (上の音源に有りましたが一部分A♭ハーモニカに持ち替えます)
そして5拍子のマイフェイバリットシングス
最後にA♭とD♭のハーモニカでテイク5アドリブになります。
どこでどのハーモニカを使っているか、是非当ててください。
TAKE5他の部分も試聴
いや~ハーモニカは本当に奥が深い!
ちなみに好評頂いているCalling you試聴もこんな感じで持ち替えを頻繁にしています。気づかれましたか?
CD
詳細はこちら

【終了イベント】1月16日(水)はブルーヒート!ゲスト西村ヒロ!

1/16ブルーヒートシリーズ

無事終了しました。

20130119-083921.jpg

下記セットリストです。

フェイスブックに期間限定、動画を載せてます。(探して見てください)
ーーーー
1ステージ目

ジューク
上を向いて歩こう G
テイク5 Am
カレドニア E
ーー
2ステージ目

セッションコーナー5人エントリーされました。

スイートホームシカゴ
ボーインシカゴ
フーチークーチーマンなど
ーー
3ステージ目

朝日の様に爽やかに(softly) C m
オールオブミー C

ここで2曲、追加!
ブルース曲
ラストは
ザ、プリーチャー F
ーーー

ハーモニカ二人の講師とギター、ベース、ドラムサポートでお届けする究極の講座&ライブ

なんと!毎月やってます。毎月第3水曜日は四ツ谷ブルーヒートで。

四ツ谷ブルーヒート http://blueheat.jp/ さんの協力で続行することが決まりました!
ハーモニカ仲間も沢山いらっしゃいます。是非いらしてくださいね。

2013.1.16は何と西村ヒロ!さん

プレーヤーとしてのキャリアの他に、プロで活躍しているハーモニカプレーヤーを門下生に持つ西村ヒロさんです。
吉祥寺のFIH大会で審査員もされているのでご存じですよね!
去年12月は西村ヒロさんと、ゲスト松田幸一さんで、ブルーヒート発表会をやりました。
平松門下生も6人参加しました(お世話になりました)
ヒロさんと僕のレパートリー、いい感じでダブっているので、
その持ち曲中心でお届けしようと思います.さて、いろいろ準備しますよ!お楽しみに.

なお!今回「うっかりハーモニカを忘れてしまった人」には恒例プレゼントがあります!

前回は曲解説に集中しすぎてプレゼント渡すの忘れてしまいました!是非申告お願いしますね。

NEW平松悟がお届けするセッション情報メールマガジン購読希望の方はこちら にお名前とメールアドレスを送ってください。

予約フォームはこちら http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P17672438 予約フォーム。予約の際はメールをいただくかこちらに入力ください。

募集する方

・ただ単に平松悟LIVEを楽しみたい方 ダブルハープライブを楽しみたい方

・複音ハーモニカ、クロマチックは知っているが、ブルースハープ(10ホールズ)にも興味がある方

・超初心者の方 ドレミからハーモニカを教わりたい方

・ステージに上がってみたい方

・アドリブが出来るようになりたい方

・ライブ曲の裏技を知りたい方

・ハーモニカ仲間を増やしたい方

・自身のライブ告知をしたい方

です。

Cのハーモニカを一本お持ちください。 持っている人は一応ハーモニカ全部お持ちくださいね。

たぶんAのハーモニカも使うかも。Fのハーモニカも。

毎月第3水曜日はとにかく四谷ブルーヒートへ!

ギター GENさん
ドラム 藤井雅之さん
ベース T-BONE タクマ さん という強力なバンドです
予約フォームはこちら http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P17672438 予約フォーム。予約の際はメールをいただくかこちらに入力ください。

写真は2012.2.15平松悟バースデースペシャルライブ

左から(ピンチヒッターのギター藤澤健至、仲村哲也、

ベースT-BONEタクマ、平松悟、ドラム藤井雅之、ボーカルみのりちゃん、リーオスカー

予約フォームはこちら

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P17672438

予約フォーム。予約の際はメールをいただくかこちらに入力ください。

今まで(過去)のハーモニカゲスト(リンク先にレビューがあります)

2009年

4月KOTEZ 居相毅

5月T-slim トミ藤山(ボーカルギター)

6月西村ヒロ メノタケル 清野美土

7月浅見安二郎 営業の佐久間

8月深沢剛

9月妹尾隆一郎

10月八木のぶお

11月再びコテツ&京都より大野木NOGI一彦

12月今出宏

2010年

1月NATSUKO

2月平松悟バースデースペシャル

3月入道

4月倉井夏樹

5月妹尾隆一郎再び

6月今出宏さん再び

7月12日 NATSUKOさん再び この日バースデー

8月千賀太郎

9月石川二三夫

10月11日(祝)平松悟門下生発表会

11月深沢剛

12月ミッキーカーチス

2011年

1月千賀太郎再び

2月平松悟バースデースペシャル

3月倉井夏樹再び

4月10日ついでに岡山ライブレビュー

4月NATSUKOさん再び決定

5月今出宏再び決定

6月吉田ユーシン(仙台)

7月KOTEZ

8月7日 関西10穴祭り IN 大阪吹田市 5TH ストリート

8月8日 妹尾隆一郎

9月12日 入道

10月10日(祝)昼から平松悟門下生発表会&豪華ライブ Tslim 林田圭子 保土ヶ谷スリム ビックロック大岩

ライブDVDあります。興味ある方は是非メッセージを。→satoruhiramatsu@gmail.com

11月14日 石川二三夫先生再びの巻 新橋ZZ最終回

ここで一旦ZZは終了となります。応援ありがとうございました

今後は「第3水曜日は四谷ブルーヒートへ」となります。

第一回は(水曜日が取れませんでした)

12月1日(木)千賀太郎再び

1月18日(水)今出宏再び

2月15日(水)平松悟バースデースペシャルライブだった筈がゲストリーオスカーさん&仲村哲也さんも遊びにいらっしゃいました。

3月10日ついでにレビュー3月10日(土)谷口楽器無料 昼ライブ 平松悟&NATSUKO

3月はKOTAROさん

4月は深沢剛レビュー待っててくださいね。動画あり。

5月はKOTEZ

6月はNATSUKOさん

7月は妹尾隆一郎

8月はセッション講座改め、平松悟門下生発表会&超豪華ライブ 

9月は鈴木司

10月は千賀太郎

11月は清野ヨシト(fromフランス)

12月は石川二三夫再び

来年1月は西村ヒロこのページです

2月はスペシャル

3月は祝日スペシャルなんと、続木力!

お楽しみに。