アメージンググレースもう一つ

音源はこちら

Cのハーモニカを手に取り、
4567番の穴を使った曲をたくさん練習し、
ものなった頃、こんな曲もいいと思います。

アメージンググレース。

この頃はまだ、セカンドポジションだの、Gの曲をCのハーモニカでやっているとか、意識しないで良いのですが、
とにかくやって見たらわかりますが、
「吸い」が多いでしょう?

これがセカンドポジションなのです。
でも、ベンドは使わず、プレー出来ます。
4番の吸いから始めます。

一小節1行で記載しました。

弱起部分を抜かすと
16小節の曲ですね。

休休休 休休休 レーソ
ソーー ーー休 シラソ
シーー ーー休 ラーー
ソーー ーー休 ミーー
レーー ーー休 レーソ
ソーー ーー休 シラソ
シーー ーー休 ラーシ
レーー ーーー ーーー
ーーー 休休休 シーレ
レーー ーー休 シラソ
シーー ーー休 ラーー
ソーー ーー休 ミーー
レーー ーー休 レーソ
ソーー ーー休 シラソ
シーー ーー休 ラーー
ソーー ーーー ーーー
ーーー 休休休 休休休

レ=4番吸い
ラーシレーとシーレレーのレは8番吸い

ソ=6番吹き
シ=7番吸い

ドレミ譜に慣れて欲しいので穴番号は掲載しません。
ドレミで歌えるようになれば良いでしょう。

「吸いが苦しい」と思われる方は無駄が多い証拠ですので、
効率よく吸えるようにロングトーンの練習などすると良いでしょう。

カラオケ音源はお馴染みiPhoneのI real b
を使いました。

20130121-164344.jpg

音源はこちら

ちなみに「アメージンググレースもう一つ」という題名にしたのは、元々、下記のこれを掲載していたからです。

アメージンググレース
ベンドを使うタイプですね。僕も普段ステージでやるとしたらこちらです。

でも、これに慣れて、一オクターブ高い上記曲が出来なくなったと言うのもまた困りごとなので、ベンドを使わないタイプも覚えておいた方が良いでしょう。

コメントを残す