オクターブ奏法をやって見ましょう

オクターブ奏法を徹底的にやってみよう.

①まずハーモニカを1番から4番の穴をガバッとくわえ吹いてください.

音楽ファイル1234番いっぺんに吹く。最後はちょっとオクターブ(37.3kb) 

ドミソドーという音が出るはずですが、そのままなんとなく舌を突き出して②2番と3番の穴をふさいでください..

最初、穴の位置が把握出来ないうちは↓こんな感じだと思います。

音楽ファイル「オクターブ奏法覚え途中」(54.8kb)

コツとしては、2番と3番の穴の間のバーに舌先を「軽く」あてるようにします.①から②の動作へ速く移るようにしてください。これを何回か繰り返します。

音楽ファイル「オクターブ奏法覚え途中2」(40.5)

ちゃんとオクターブの音が出ているか、音楽ファイルを聴きながら比べてみてください.最初のうちは分かりにくいので

A 一つの音しか出てない

B 「ド」意外に「ミ」「ソ」が混ざってる

ということが感じられなかったら、それはもう「完成した」と思って結構です.

さて、ここで秘密のコツなのですが、

1234番の和音を正確に出すって難しいですよね?

今までの経験上、どうしても大きくくわえてしまうかたが多いようです。

実はこの1234番の穴の距離、ハーモニカの横のサイズとほぼ同じなのです!

20121023-164911.jpg

ほら!なので、ハーモニカを横にくわえた感じの口の大きさが正解です!

結構ちいさくないですか?口をその大きさのままにして、4つの穴をくわえてください。

ばっちり!

さて、「ド」のオクターブ奏法が出来上がりましたら、今度はそのまま吸ってみてください(通常吸ったほうが難しいようです)「レ」の音が出ると思います.

「ド」「レ」「ド」「レ」「ド」「レ」・・・と繰り返してください

音楽ファイル「オクターブ奏法”「ド」「レ」「ド」「レ」・・・”」(30.6kb)

次に隣の穴にいってみましょう。「ド」「ミ」「ド」「ミ」「ド」「ミ」・・・と繰り返してください.

音楽ファイル「オクターブ奏法”「ド」「ミ」「ド」「ミ」・・・の練習”」(25.8kb)

ちゃんと「オクターブ」の音は出ていますか?

なれないうちは上の方で紹介した.

①②①②・・・・と繰り返すような感じでも良いです.徐々にそのスピードを上げるようにすると完成します.

音楽ファイルオクターブ奏法ドミドミを速く(19kb)

更に「ドレミ」をやってみてください.

音楽ファイル「オクターブ奏法「ド」「レ」「ミ」「ド」「レ」「ミ」」(35kb)

何故12番とか、低い音を使ってオクターブ奏法をやるのかというと、理由があります。

8度すべてここをみていただければわかるとおり、

例えば吸いのオクターブは1番4番以外でやってしまうと、大変不安定な音が出てしまいます。(例2番5番だと「ソファ」がいっぺんにでます)不安定な和音ですと、ちゃんと2つの音が出ているのか、それとも、気づかずに3つの音が出ているのかがわからないので、最初のうちは低いドレミ等で練習してください。ドレミのオクターブが出来ましたら次に進んでください。

次に「ファ」の音のオクターブ奏法なのですが

2番の穴と5番の穴を吸うと低いソと高いファが出ます.この穴は8度の音になりません.

音楽ファイル、オクターブ奏法で「ファ」をやってみた(27kb)

でもこの不完全な和音は、ブルースの曲ではとても有効に使われています.

音楽ファイル「オクターブを使ったブルース」

最後に、オクターブ奏法を使った練習曲を幾つか紹介しておきます.

音楽ファイル「オクターブ奏法でドレミファソファミレド」(19kb)

↑上の方で紹介した①②①②・・・というのから始めています.

音楽ファイル「オクターブ奏法で聖者の行進」(56kb)

↑単音で吹く聖者の行進より、肺活量を使うと思いますので適当なところでブレス(息継ぎ)をするようにしてくださいここまで出来たらオクターブ奏法はマスターしたと考えて良いでしょう。出来ない方はまた最初から繰り返し聞いてみてください。.

オクターブ奏法は、口元を吹いたり吸ったりしたらうまくできません。
喉の奥から「吐く」感じ
の練習になりますので、たまにこんな練習をすれば良いでしょう。

 

 

オクターブ奏法をやって見ましょう” への1件のコメント

  1. ピンバック: スタンドバイミー | 平松悟のハーモニカ講座まとめ

コメントを残す