スロートビブラートをやってみましょう

マンツーマンレッスンで、Gハーモニカを使い、アメージンググレースをやってみたところ、

スロートビブラートが出来そうだったのでそのときに録音した音源です。

スロートビブラート解説音源Gハーモニカ使用

この中の言葉にある「-30」というのはベンドで一番下がった音のことを言います。

僕のDVDお持ちでしたらわかりますね!

Gのハーモニカの3番ベンドの一番したのー30ということは、D♯の-30の音です

チューナーとかで調べてみてください。でてますか?

この生徒さんは、その音が力抜いて長く出るようになったので、ビブラートが出来始めました。

参考

アメージンググレースをGハーモニカで

ジョージアオンマイマインドをGハーモニカで。

僕の周りではGハーモニカを使ってスロートビブラートデビューされた方が多いです。

 

スロートビブラートをやってみましょう” への2件のコメント

  1. ピンバック: アメージンググレース  | 平松悟のハーモニカ講座まとめ

コメントを残す